君の木の下

夫婦と一女(2)の日常備忘録

子育て向いてないなと思うとき

ふみちゃんがRSウイルスにかかり、数日保育園をお休みした。

そこであらためて感じた。

わたし子育て向いてないな。と。

 

なにがダメかって、つい延々とテレビや動画を見せ続けてしまいそうになることだ。

撮り溜めている「いないいないばあっ」や「アンパンマン」を見せていればその間ふみちゃんはおとなしくなる。つい、それに頼ってしまいたくなるのをなんとかこらえて一番組終わったらテレビを消し、相手をする。

体調が悪いふみちゃんを外へ連れ出すわけにいかないので、一日中部屋の中ですごす。

 

ふみちゃんが最近ハマっているのは、まず、パズルだ。

ミッフィの9ピースと15ピースのパズルを持ってきて「おかあしゃんとーじ(お母さんはオレンジ色のパズル)」「みっちゃんきいろー」と言ってパズルを始める。

ふみちゃんが15ピースのパズルをやる間、しかたなくわたしも9ピースのパズルをはめていく。(こちらの手が止まっていると「かあしゃんも!」と指摘が入る。)

何回か繰り返し、パズルを交換してまた同じことをやる。延々。40分くらい。40分間、9ピースとか15ピースのパズルを子どものペースに合わせてゆっくり完成させ、壊し、完成させ、壊し、完成させ、壊し。これをやり続けるのは苦痛でしかない。

時々「キリンさんできたねー」「つぎはどれにする?」などと声をかけるが、その声かけのレパートリーもなくなって、結果、同じセリフをなんども口にすることになる。

 

次はレゴだ。

といってもふみちゃんはまだ自分で思い通りに作れるわけではないので「かいだんつくる」「しょうぼうしゃ、おうちつくる」と言われたものを、手助けしていかないといけない。見守っているだけ、というわけにいかないのだ。

「じゃあここにくっつけてみようか」「これをここにのせてごらん」

レゴで階段が完成したら、次は延々人形を上ったり下りたりさせる。「いっしょに」とわたしも人形を持たされるのでふみちゃんと一緒に人形を上り下りさせなければならない。

 

そして絵本。

ふみちゃんは絵本が大好き。一度読み終わると「もっかい」と言われるので最初のページに戻ってまた読む。

「もっかい」最初に戻る。「もっかい」最初に戻る。「もっかい」最初に戻る。「もっかい」最初に戻る。「もっかい」最初に戻る。

それを何度か繰り返し、次の絵本。「もっかい」……。

ただ文章を読むだけならまだいいのだけど、この頃たまたま安野光雅の旅の絵本という文字のない絵本にハマっていたので、「さっきのおじさんどこかなー?」「あっ、牛さんがいるねえ」など適宜コメントしていかないといけないのが地味に面倒くさい。そしてそのコメントもじきにネタ切れに……。

延べ数十回絵本を読むとようやく」11時前で、

「お母さんお昼の準備するからテレビ見ててくれる?」

で、ようやく解放される。

 

ごはんを食べさせてお昼寝のための寝かしつけをし、家事を少しして15時ごろおやつを食べさせたらまた、夕方までその繰り返しの時間が待っている。

つらい。

たぶん、この繰り返しの時間がそんなに苦痛じゃないタイプの人もいるのだろうけど、わたしはつらい。

 

延々テレビを見せてしまいたい。

そしてその横でスマホ見たり好きな本読んだりしたいよ。

そんなふうにうわの空でふみちゃんに向き合っていることに罪悪感を覚えつつ、なんというか身が入らない。

中身のない時間がうすくうすく、引き伸ばされていく。

 

ふみちゃんは2歳だけどイヤイヤ期はまだ手に負えないほどではないし、よく寝る子だし、どちらかというと育てやすい子なのだと思う。

それでもしんどいのだ。

たぶん、わたしがもともとかなり怠惰な性格なのでそのせいだと思う。人目がないと何事にも集中できなくて、勉強するときはカフェや図書館を利用するタイプ。家では自制心がまったく働かずどこまでもごろごろと無為にすごしてしまうタイプ。

こんな人間なので、1対1の子育ては向いてないのだなあと思う。

 

ふみちゃんはかわいいけど。いとしいけど。ずっと抱きしめていたいけど。

でも、ほんとうに2人だけの世界で「ずっと」になってしまうと、その味がわからなくなって、味わうのをやめたくなるのだなあと思った。

 

心のSDカードに永久保存

子どもと一緒に過ごしていて、まるで恋人みたいだな、と思うことがよくある。

目が合うとそれだけでこの上なくうれしそうに笑ってくれて、駆け寄ってきて「かあしゃん かあしゃん」と抱きしめてくれて、「おててつなぐ」と言って手を差し出してくれて、眠るときはくっついて眠ろうとする。寝る時まで手をつなごうとしたりする。

 

きゅんきゅんが止まらない。

かわいい。

かわいすぎる。

 

ふみちゃんを前にすると脳みそが溶けて語彙力が崩壊する。

「かわいい かわいい ふみちゃん大好き ちゅっちゅ」とぎゅうぎゅう抱きしめておでこにキスをする。

ふみちゃんも「うふふー」とよろこんで、「もっかい」「ちゅっちゅ」とおでこを差し出してきたりする。

かわいい。

かわいすぎて死ぬ。

 

このあいだも同じようにぎゅうぎゅう抱きしめていると、何度も「もっかい」と言うので、

「たまにはふみちゃんからも大好きって言ってほしいなー」とわたしからも要求してみたところ、ふみちゃんは一瞬(なぜわたしから?)とでも言いたげにきょとんとしたものの、「だぃきー(だいすきー)」と言ってくれた。

そしてソファを降り、近くで見ていた大木くんのもとへも駆け寄りにこにことだきついてまた「だぃきー」と言った。

大木くんもでれでれして「お父さんも大好きー」と返す。

 

普段照れるのかふみちゃんに「大好き」と言わない大木くんが、ふみちゃんにつられて「大好き」と言っている!(※わたしにもほとんど言ってくれたことがない)

 

しあわせそうに抱き合う父子にわたしまできゅんきゅん。

 

その後ふみちゃんは「かあしゃん だぃきー!」「とうしゃん だぃきー!」と交互に親を抱きしめてくれた。

その健気でかわいいこと!

 

突然のことだったのでカメラを回せなかったのがざんねんだ。

けれどこの日の光景は心のSDカードに永久保存である。

2歳になった子どもの、最近の成長の様子

ふみちゃんが2歳になった。

成長著しいので、最近できるようになってきたことなどをまとめておこうと思う。

 

【言語】

最近顕著に成長してきている部分は、「今日保育園で何があったかを話してくれるようになったこと」だ。

まだ時間の感覚が正確でないので、前日以前の記憶とごちゃ混ぜになっていたりはするけれど、1歳10か月ごろまではまだ「いま目の前にない過去のことを説明する」ということができていなかったから、大きな進歩だ。

最近はたとえば、

「○○せんせい、むすむす(○○先生が髪を結んでくれた」

と言いながら髪を触ったり、

「△△くん、いっしょ、えほん、よむ(△△くんと一緒に絵本読んだの」

などと報告してくれる。

 

1歳5か月ごろまでは「おいしい」と「ばいばい」しか言えなかったふみちゃん。

1歳半ごろに20~30単語程度を急に話しだし、1歳8か月ごろから「大きい/小さい」「いっしょ」「みんな」などのやや抽象的な単語も使うようになり、徐々に「チーズ、おいしい」「おおきいバス」などの2語文も使えるように。そして1歳10か月ごろには一気に3語文、4語文を話しだした。

使用可能な単語数はもはや数えていないけれど、図鑑に載っている動物や野菜の名前をかなり覚えているから、実用的でないものも含めると数百語は言えていると思う。

 

人間と話ができている感覚がある。

中一レベルの英語を学んでいる最中の人もこんな感じかな、と思いながら楽しく会話をしている。

助詞とか語順とかめちゃくちゃだけれども、知っている単語をつなげてコミュニケーションをとろうとする。言葉の練習をしたいのか、「みっちゃん、わにくん、しゅきー」「かあしゃん、おおかみ、しゅきー」などと同じ構文で単語を入れ替え、延々話していたりする。

そういえば学生時代に2か月ほどインドネシアに行ったとき、インターン先の児童養護施設で子どもたちとコミュニケーションをとりたくて、最低限の文法と単語をなるべくたくさん覚え、片言で会話をしていたけれど、相手の子たちは今の私みたいなほほえましい気分で相手してくれていたのかもなあ、なんて思う。

相手がこちらの言葉を覚えようとしてくれているのって、とってもうれしく、楽しいことだ。

 

【文字】

文字も少し覚えだした。いま4文字くらい。数字も、「1」と「2」はわかるようだ。

とはいえ、「○」を「まる」と読める、と同じレベルで、ただ記号として覚えているだけ。まだ読めるわけではない。

たとえば、「ふみ」と書かれているのを見て、「『ふ』あった」「『み』あった」とは言うのだが、自分の名前が書かれているという認識はない様子。

数字や数も同様。

人形を3体並べて、「いちにぃさんしぃご」と数える真似をしたりするが、数の概念はまだわからないようだ。

 

【歌】

1歳10か月ごろからたどたどしくもきらきら星一曲くらいは歌えるようになったふみちゃん。最近は歌のレパートリーも増え、音程も前よりよくとれるようになってきた。おつかいアリさん、ちょうちょ、チューリップ、大きな古時計などの童謡をよく歌っている。

歌詞の意味はおそらくほとんど分かっておらず、ただ音の並びとして暗記している模様。

 

よく歌を歌うようになってわたしがこっそり心配しているのが、大木くんに影響されて音痴になってしまうのではないかということ。

大木くんはびっくりするくらい音痴だ。山田花子並みに。

大木くんの歌を聴くまで、テレビで音痴っぷりを披露している芸人さんとかは誇張してわざとそんな歌い方をするのだと思っていたのだが、本当に音痴な人は、本当に本当に何がどうなっているのか聞いている側は理解できないほどナチュラルに音痴なのだということを知った。それくらい、大木くんは音痴。

 

大木くんはふみちゃんに合わせてよく歌っている。

ほほえましいのでやめてほしいなどとは思わない。が、きっとふみちゃんは歌の上手な子には育たないだろうと諦観している。

 

【イヤイヤ期】

言語以外のここ最近の成長といえば、イヤイヤ期らしい傾向が強まってきたことだ。

1歳半くらいから、たとえば遊びを途中で中断したくなくて泣くというようなことはあったけれど、最近はそういった主張もすこし強くなってきたなと感じる。

少し前までは、体調不良時でなければ、説得すれば納得してくれたり、ほかのことですぐ気を紛らわせることができていたけれど、最近はそういうのが効かないことが増えてきた。

使いたい食器を使えないと泣きわめいたり、散歩の途中で座り込んで抱っこを拒否したり。

 

この傾向は今後もまだ強まっていくのだろうか。

 

まあいいけど。

 

ふみちゃんは平日の日中は毎日保育園へ行くし、わたしは産休中で時間の制約があまりないし、大木くんも毎日定時で帰ってくるので、まだしばらくふみちゃんのイヤイヤに付き合ってあげられる。

そりゃ、一日中不機嫌に泣きわめいていると心配になっちゃうけど(胃腸炎で体調を崩していた時はそんな感じだったので大変だった)、今は概ねごきげんで過ごしてくれているから、ちょっとのイヤイヤはなるべく本人の主張を汲みつつ付き合っていきたいなと思う。

 

【対人関係】

それから、最近のもう一つの変化は、保育園でお友達とのかかわりが増えていること。

といってもこれは先生たちからの報告を聞いて知っているだけで実際にどのようなかかわりをしているのかは見ていないのだけれど。

少し前まではお絵かきやシール貼りなど、手先を使う遊びを一人で黙々とやっていることが多かったそうだけれど、最近はほかの女の子と一緒に遊ぶ姿がよくみられるそうである。

クラスのお友達は、フレンドリーな子が多い。朝、ふみちゃんを教室に連れて入ると、ほかの子たちが「ふみちゃん、ふみちゃん」とよってきてくれたり、抱きしめようとしてくれたりする。

ふみちゃんがお友達と一緒に遊べるのは、きっとお友達のおかげだ。ありがたや。

 

わたしも大木くんもややコミュ障ぎみなので、ふみちゃんも我々と同じように育てばコミュ障に育つのだと思うが、こうやって物心つく前からやさしいお友達に囲まれていれば違う人生が拓けるかもしれない。

いや、コミュ障になってもよいのだけど、できれば他者に対して過剰な恐怖心を持つことなく、楽しい人生を生きていってほしいなと思っているので、保育園のお友達の存在はありがたい。

 

 

2歳になったばかりのふみちゃんの最近の様子はこんなところ。

下の子が生まれたらまた変化があるかな。

楽しみだな。

2度目の産休に入った

産休に入った。

ブログを書こう書こうと思っていても産休前は余裕もなく、パソコンの調子も悪くて書けていなかったが、パソコンも買いなおしたし、少しは時間的余裕もできてきたので、生むまでの間はなるべく毎日何か書いていきたい。備忘録として。

 

とりあえず今日は近況を書いておく。

 

前回の産前休暇を思い出して、また少しのんびりできるな、と思っていたのだが、今回はそこまで余裕がない。

朝は9時までにふみちゃんを保育園に送っていかなければならないので普段とそう変わらない時間に起きなければならないし、夕方までにちゃんとごはんを用意しておかなければならないし、夜はふみちゃんがいるので寝かしつけの時間まで自由時間はないし。

わたしが産休に入るタイミングで大木君が時短勤務をやめフルタイムに戻ったため、それまで大木君がやっていた洗濯とか皿洗いとか掃除機がけとかの家事をわたしがやらねばならないし、「産休に入ったらやろう」と思って後回しにしていた家事その他(例えば臭くなってきたタオルの煮洗いとか、家のちょっとした修繕とか、書類の整理とか、やや大掛かりな掃除とか)も少しずつ進めていきたい。

家庭用トレッドミル(ルームランナー)も買ったので運動もしようと思うのだけど、この重たい体では10分も歩けばへとへとになる。

 

炎天下を保育園に送っていっただけでへとへとでひと休み、家事をひとつやってはへとへとでひと休み、ウォーキングを10分やってはひと休み、といった感じで一日が終わる。

ふみちゃんを出産後、体力が元に戻る前に次の妊娠をしてしまったため、前回より疲れ具合がすごい。それがいちばんつらい。

 

休みに入る前に比べればもちろん余裕はあるけれど、ちょっと歩いただけでへとへとになるこの体では本当に何をするのもだるくて、「わーい おやすみだぁ」なんてはしゃげる状態ではなかった。

ざんねん。

 

加えて、「職場復帰したらいよいよ時間が無くなるから今のうちに昇任試験の勉強をするぞ」と思って開いた参考書が難しすぎて量が膨大で途方に暮れている。

え……先輩たちみんなこんな試験突破してたん?

そのことにびっくり仰天だけれど、昇任できれば給料もすこしばかり上がるのでがんばらねば。

 

などと、いかに大変かみたいなことをつらつら書いてみたけれど、産休に入る前に比べればやはり自由な時間はたくさんある。

こうやって保育園へ送っていった帰りにカフェに寄ってブログを書いたりもできるし、お昼ご飯を食べながらアマプラでドラマや映画を見たりもできる。積読していた本や漫画も少しずつ読み進めている。

生まれたら、そして乳幼児を二人かかえて職場復帰したら本当に自由な時間がなくなるはずなので、今のうちにやりたいこと、ぜんぶやるぞ!

 

近況としてはこんな感じ。

あしたもまたなにか書こう。

家族3人のせかい

光回線を入れたら、古いノートパソコンがWi-Fiをキャッチしなくなった。ルーターの設定を変えれば使えるそうなんだけど、そうすると多分速度が遅くなってせっかくの光がもったいない。
パソコンなんてたまにしか使わないし、そのうち買い替えるだろうからいいや…なんて思ってたらなかなかブログが更新できないでいた。今日はスマホで書いている。
スマホなのであまり長いものは書けない。


最近、お腹の中に次の子が来たらしい。
つわりも治まってきた頃で、ただちょっとだるかったり毎日眠かったりしている。
上司を呼び出すのが億劫でまだ職場には言えていない。復帰して1年立たず妊娠?とか思われそうだし…。予定日が決まったら言おう…。

最近のふみちゃんは空前のアンパンマンブーム。1日に何十人ものアンパンマンを描かされる。描いてやらないとスマホを見たがるので描いてやるしかない。自由画帳のページがどんどんなくなる。
アンパンマンのアニメはそれほど興味がないようで、特に画面上にアンパンマンまたはバイキンマンがいないときはガン無視である。それでも惹きつけられるアンパンマンの魅力。大人には不思議で仕方がない。

1歳5ヶ月ごろまで「おいしい」と「バイバイ」しか言えなくて、大丈夫なんだろうかと思っていたが、1歳半すぎて急に単語が増えてきた。
おちゃ、はっぱ、おかーさん、おとーさん、だっこ、ねんね、でんしゃ、じてんしゃ、ぼうし、あし、わんわん、きりんさん、ごちそーさま。
親同士の会話の中で知っている言葉があると割り込んできたりする。

保育園のお友だちの名前も急に言えるようになった。好きな友達がいるそうで、その子によくおもちゃをあげたりしているんだそう。お友だちのほうは、ぺこっと頭を下げて受け取ってくれるんだそうだ。


最近、家族3人でご飯を食べているときなんかに、「おかーさん」「おとーさん」と言いながらよく親を指差す。最後に自分を指差す。
「あなたはふみちゃん。お母さんとお父さんの大事な子ども。」と言って頭を撫でてやると、体をくねらせて喜んでいる。
3人だけの完璧な、しあわせな世界。
でも少ししたらこれが4人になる。
ふみちゃんはどう感じるかな。
少なくともそれまでは、3人だけの世界で全力で愛そう。

お正月がひまになった

みんな無事ワクチンを打ち終わったので、遠方から大木くんの両親とお兄さんが我が家に遊びに来た。

遠方なのでもうみんなお昼までに帰路について、今はふみちゃんも寝ていて、大木くんも寝てしまってつかの間のゆったりした午後。

今年買った家はあんまり日当たりはよくないけれど、今の時間はダイニングに陽が差し込んでいる。誰の話声も聞こえない。とてもしずか。

 

とても疲れているのだけどみんなとてもいい人たちで何よりふみちゃんが二日間とても楽しそうにしていて、気分が少し新しくなっている。明日からまたがんばれそう、と疲れた頭と体で感じている。

 

正月は北海道に帰るつもりでいたけれど、お義父さん、お義母さんにこの年齢の子を飛行機に乗せるのはかわいそうだと言われてしまった。じゃあ船なら、と言ったら、それも、冬場はやめた方がいいという。だから、次に会うのは早くてもゴールデンウィーク

うちの親(特に母親)がなにかと実家に帰らせたがり、ふみちゃん最優先のスケジュールを組んでいると「子どもには多少無理させて強くなっていくものなのに」と批判されてしまうのとはまるで反対だ。

大木くん含め大木家の人はややドライな面もあるけど(ウェットでないという程度の意味)、「東京へ来る飛行機の中でずっと子どもの泣き声が聞こえて聞いていられなかった」というお義父さんお義母さんは、きっと子ども優先で生活してきたのだろうなと感じられた。

 

年末年始が暇になったから旅行にでも行きたいな。

でものんびりもしたいな。

そろそろふみちゃんが起きてきそうだな。

みんなで一緒におやつを食べよう

悪口

眠れなくて深夜にこれを書いている。

何があったというほどではないが気持ちが落ち着かなくてソワソワしてすべてに上の空で子どもにすらろくにかまってやれず夜遅くまでスマホで意味のない検索を繰り返し、いや寝るぞ、と布団をかぶったもののやはり心臓がどきどきして、しんどくて、これを書いてみている。


午前中、職場で人の悪口を聞いたせいかな、などと思う。

悪口陰口を聞くのは苦手だ。心臓がぎゅうと重くなる。自分が会話に巻き込まれるのも、わたしとは無関係に隣の席で話されているのが聞こえるのも、どちらもしんどい。
愚痴なら大丈夫。頑張って聞く。吐き出してラクになることもあるだろうから。
でも単なる笑い話のネタとして話される陰口は、ただただしんどい。

思えば子どもの頃からそうだった。
養護学級に通うクラスメートの悪口や嘲笑で男の子たちが盛り上がっていたとき、聞いていられなくてひとけのない渡り廊下に逃げ、座り込んでひとり泣いたことを覚えている。
つらかったなあ。六年生の頃だ。友達は普通にいたけど、つらかった。よくこっそり泣いていた。


今日も聞いていて苦しくて呼吸が浅くなって資料見ても全然頭に入ってこないし逃げ出したかった。
よっぽど帰ろうかとも思ったけど夕方の会議に出なければいけなかったので、無意識に喉を触ったりしながらもなんとかこらえた。

しかし帰ってからも上の空が続いていて、ふみちゃんも大木くんも怒ってると思う。
そして眠れない。


強くなりたいなあ。
陰口なんて犬の鳴き声程度に聞き流して、心を揺らすことなく生きていけるようになりたい。

今のわたしのなんと情けないことか。


いやいや、単に今日のコンディションがよくなかっただけかもしれない。
と、希望的観測をする。
いつもだったら、やだな、とは感じても聞き流せる程度のことだったじゃないか。ほら、昨日はとても気を使う仕事があって残業もしたじゃない。帰ってきたときにはぐったりして、お風呂も入れずそのまま寝た。朝起きても疲れがとれていなくて体が重かった。
そんなだったから、今日はいつもより些細なことでダメージを受けやすかったんだ。わたしが弱いんじゃない。たまたまタイミングが悪かっただけ。


と、30分ほどつらつら書いていたら少し眠くなってきた。
うん。眠れそうだ。