君の木の下

子なし夫婦の日常備忘録(妊娠/自宅安静中)

自宅安静が板につきすぎて(快適)

たぶんもっと申し訳なさそうに、あるいは暇でつらそうにしていないといけないのだと思うが、切迫流産での自宅安静が楽すぎてこのままニートになりたいと思ってしまう。 現在12週。このあいだの検診でも症状は変わっていなくて、自宅安静期間が延びた。いつま…

二十歳の時に持っていなかった幸福を、今すべて持っている

二十歳の誕生日がどんな日だったか、今も覚えている。 大学一年生の夏休み中で、その時期は特にサークル活動もなかった。 サークル仲間に事前に誕生日を吹聴したりもしていなかったが、かと言って誰からもおめでとうメールの一つも届かないとは、自分の存在…

妊娠10週 絨毛膜下血腫 自宅安静

いつの間にか、年が明けて一週間以上たっている。 あけましておめでとうございます。 わたしは今これを寝ながら書いています。 寝ながら、というのは比喩でも何でもなく、布団に入っておなかの上にクッションを置き、その上にノートパソコンを置いてこれを書…

髪を切った(30センチくらい)

一時は胸の下まであった長い髪を、7、8年ぶりにバッサリ切った。 「ハンサムショート」とか呼んだりするらしいが、少年のような丸っこいフォルムで襟足のすっきりしたショートヘアだ。 今の職場の人たちは、当然髪の長いわたししか見たことがないわけで、こ…

富士山マラソン2019の感想

11月24日は富士山マラソンだった。 約9か月ぶりのフルマラソン。これが終わったら妊活をしようと決めていて、これで最後と言うわけではないが、一区切りつけるつもりで、これまでよりもたくさん練習して臨んだ。 というわけで、来年富士山マラソンに申し込も…

生まれてきてよかったと生まれて初めて思った日

生理が来ない。 水曜日、妊娠検査薬を試したら陽性反応が出た。 慌てて大木くんと一緒に昨日の土曜日に近所の婦人科に検査に行ったら「まだわからないからまた来週来て」と言われてしまったので、本当に妊娠しているかはわからないのだけれど。 わからないの…

魔法の絨毯

うちは転勤族だったから、いつも通りすがりのお客さん気分だった。 わたしにとって初めての引っ越しは7歳の時だ。そこから流浪の人生が始まった。 あの町にはもう20年以上行っていない。 このあいだ、グーグルアースで見てみたけれど、家の向かいの田んぼが…

この1か月の備忘録

前回のエントリーからひと月がたってしまった。 書きたいことはいくつもあったけれど、今さら何を書こうか迷う。 ブログはインターネット上で不特定の人に発表するものであるから1記事1テーマであるべきなんだろうけれど、やはり自分用の備忘録としてなるべ…

二人目作るなら会社辞めてほしい

妹と久々に電話をした。 仕事の話になって、ちょっと怖かった話があったので記録しておく。 妹は医療関係(というとちょっと違うのか?)の仕事をしている。手に職系の現場仕事だ。 「仕事楽しい?」と聞くと、「楽しくない」という。 彼女の働く場所は、ほ…

家事しない系男子たち(批判・愚痴と見せかけたのろけの話)

先日、職場の同期や先輩とご飯に行った。 仕事の話とかパルシステムが便利とかいう話を一通りした後で、わたし含む三人とも既婚者だったため、話題は夫の愚痴に。 「何度言っても靴下をその辺で脱ぎっぱなしにするんですよー」 「うちも! 靴下もズボンも、…

早退と罪悪感

ここ数日、頭痛が来ては薬で押さえ込む日が続いていた。 その日の朝もぼんやり痛かったが、いつもの緊張型頭痛だろうと思って薬は飲まなかった。 9時頃から段々痛みが強くなってきた。打ち合わせ中もこめかみを押さえないでいられず、終わってすぐ薬を飲んだ…

老後の人生に一つだけ祈ること

先日、誕生日に大木くんと鎌倉に行った。 鎌倉は約一年前、婚姻届を出した思い出の町だ。その時のすごく楽しかった記憶が忘れられなくて、誕生日をこの町にしてもらった。 お散歩して、大仏を見て、カフェで休んで、文学館に寄って、海を眺めて。 鶴岡八幡宮…

千葉の台風

台風の爪痕が結構大きい。 ニュースを見ていると、転職前まで住んでいた町も所々被害を受けているようだ。たまたまだが、ちょうど台風が来る直前に、前の会社の同期から誕生日メッセージをもらっていたので、それに返信するような形で様子を聞いてみた。やは…

金曜日のデート

旅行から帰ってきたあと、今日まで仕事が結構暇だ。 特に先週は、その日やることを終わらせても時間がだいぶ余ることが多かったので、4月からずっと忙しくて手が回っていなかった仕事を順々に片付けていた。 毎日定時退社である。 「間に合わない!」という…

スイス・イタリア旅行 7日目、8日目 ~ベルンとチューリッヒ、帰国

7日目。 朝はいつもよりゆっくりと起きた。 窓からは赤マッターホルンが見える。 眺めながら朝食とします。 ツェルマットはここまで。 明日の飛行機で帰るため、今日の宿はチューリッヒ。途中、首都ベルンを観光する。 旧市街の入り口付近ではマーケットが。…

スイス・イタリア旅行 6日目 ~ツェルマットからハイキング

6日目。 この日も朝から晩まで満喫しすぎて写真が選びきれるかどうか…。 とにかく写真メインで備忘録をば。 あさ、5時前ごろ。 まだ暗いうちに目が覚めた。ハッと窓を振り返ると、黒い山の向こうに、ぼうっと白く浮かぶ巨大な幽霊だか精霊のようなものが。慌…

スイス・イタリア旅行 4日目 ~朝のベネチア、ミラノ、ぼったくり集団

4日目。昨日はすごい人だったので、人の少ないサンマルコ広場を見たくて早朝に宿を出る。行く途中、あちこちで掃除のスタッフを見かける。まだ6時半過ぎだというのに。まあこの時間しか掃除などできないのだろうけれど。街に雇われているのだろうか。 しかし…

スイス・イタリア旅行 3日目 ~ベネチアとブラーノ島

三日目。 ミラノ駅でパンとカプチーノを買い、イタロという鉄道会社の特急でベネチアへ向かう。 ミラノ駅はファンタジー映画に出てくる巨大な駅といった風情で、重厚で活気がある。 電車もかっこいい。電車に乗り込むとわたしたちの予約している席におじさん…

スイス・イタリア旅行 2日目 ~レーティッシユ鉄道ベルニナ線とシルスマリア

2日目。 今日はレーティッシュ鉄道に乗ってミラノへ向かう。 まずはクールからサンモリッツまで。 クール駅には早朝からやっているプレッツェル屋さんがあった。 そこで買ったプレッツェルを朝ごはんがわりに車内で食べる。塩がきいていて、生地もほどよく…

スイス・イタリア旅行 5日目 ~雨のシオン

5日目。 朝から雨。 宿からはマッターホルンが見えるはずだが、厚い雲で何も見えない。 少しホッとする。ここまで毎日が大スペクタクルだったのでここらへんで一息入れたいところ。 スーパーに行き、当面のパンと今日の昼食用に茹でるだけのラビオリを購入。…

スイス・イタリア旅行~1日目

スイス・イタリア旅行に行ってきたのでその備忘録を残しておく。もう日本に帰って来たのだけど。書けるテンポで、少しずつ。現地時間15時すぎ、チューリッヒに到着。 空港駅のカウンターでハーフフェアチケットとクールまでの切符を購入し、電車に乗り込む。…

原爆の日に寄せて

8月6日は広島の原爆の日。大木くんと少し話をした。戦後74年もたつとどんどん風化していくのがわかって怖いね、昔はもっと戦争のことが地続きだったけど、というと、どうして?と聞かれたので 「昔は戦争のことを語ってくれる人が身近にいたもの」 と答える…

お風呂上がりの挨拶

大木くんはいつも、お風呂上りにリビングに入ってくるとき、「ぼえ」とか「ほやぁ」とかの意味不明な音を発する。 大抵、顔は上機嫌である。 でかい体の大事な部分を申し訳程度にタオルで隠しただけの姿で入ってきて、わたしに向かって上記のような音を発し…

アイスランドの空

アイスランドは天気の変わりやすい国だ。空は山の天気みたいにコロコロ表情を変え、数日先の天気予報はあまり役に立たなかった。わたしたちが新婚旅行で訪れたときも曇り時々小雨という1日から始まり、空は街に虹を架けて出迎えてくれた。 すっきり晴れる夜…

クリスチャン・ボルタンスキーと塩田千春

先週の土曜日は夕方から六本木へ出かけ、美術館をはしごしてきた。とても楽しかったので記録を残しておく。 『クリスチャン・ボルタンスキーLifetime』@国立新美術館 ラ オリーバ(スペイン料理) 『塩田千春展:魂がふるえる』@森美術館 『クリスチャン・…

マンションか、戸建てか

わたしたち夫婦は、今年の冬から妊活をすることに決めた。 家族と言えば家。 子どもができたら家を買おうね、と言い合って、駅に置いてあるSUUMOの無料雑誌や中古住宅の折込チラシを眺めては、こんなマンションがいい、住むならこの町がいい、などと夢…

ベランダできみと食事を

土曜日。 ネット注文していた折りたたみ椅子とテーブルが届いた。 わたしが頭痛で寝ている間に、大木くんが設置。 頭痛も治まったので食事の準備を。 和えるだけのパスタソースの食事でも、外で食べればなんだか特別な気分になる。 普段の食事はいつも横に並…

透きとおった孤独

一番好きな歌は? と聞かれてもたくさんあって決めきれないが、「一番よく聞いた歌は?」と問われれば答えはすぐ出る。 Charaの「ミルク」だ。 数年前にiTunesで確認したときにすでに再生回数が千回を超えていたから、youtubeで聴いた回数も含めると、…

根津神社大祓

数週間前、根津神社から大祓のお知らせが届いた。 なぜ直接お知らせが届くのかというと、去年ここで結婚式を挙げたからだ。 根津神社的には我々は氏子ということになったらしい。どこかから氏子認定されるのはわたしも大木くんも初めてだったので、わくわく…

わたしのからだ

終わらない仕事を片付けると言って土曜日なのに大木くんは仕事へ行くという。 着替えをする大木くんのパンツ一丁の姿をみて、全然鍛えてないくせに程よく引き締まっていて羨ましいなあと思う。男の人って、筋肉が付きやすくて羨ましい。 さて、大木くんが家…